1. ホーム
  2. やさしい医学情報
  3. 耳鼻咽喉科
  4. 慢性穿孔性中耳炎と中耳真珠腫

慢性穿孔性中耳炎と中耳真珠腫

慢性穿孔性中耳炎について

慢性穿孔性中耳炎は、中耳の慢性的な炎症性病変により鼓膜にあな(穿孔)があき続けているもの、あるいは炎症がおさまった後もあながあき続けているものをいいます。主な症状は耳だれ(耳漏)と難聴です。

このような症例で、まずは外来にて耳だれの治療を行います。耳だれ中の細菌を検査し、その結果から効果のある治療(抗菌薬の点耳など)を行います。耳だれがおさまれば、外来にてあな(穿孔)を塞いでみます。あなを塞ぐことで聴力が改善し、全身状態のよい方であれば入院・手術(鼓室形成術)にてあな(穿孔)を塞ぐこともできます。

中耳真珠腫について

中耳真珠腫は中耳周辺に生じる表皮のふくろ(嚢胞、仮性嚢胞)のことを指します。ふくろが徐々に大きくなると、耳の中の骨や神経を侵していき、難聴やめまい、顔面神経麻痺などを起こします。

中耳真珠腫は大きく分けると、こどもに先天的に生じる先天性真珠腫と鼓膜のへこみ(陥凹)から生じる後天性真珠腫に分類されます。後天性真珠腫の鼓膜の陥凹の原因は幼少期の中耳炎の反復や鼻すすり癖が原因と言われています。

このような症例に対して、ふくろを耳の中から観察できれば定期的な外来の処置で進行を防止できることがあります。しかし、この治療では完治しないことが多く、根本的な治療をご希望される方はCTにて真珠腫の拡がりをチェックし、入院して手術(鼓室形成術)を行います。

手術は2回にわけて段階的に行うこともありますので、主治医にご相談ください。また、再発チェックのために術後は定期的な通院がしばらく必要となります。