訪問看護室

訪問看護室理念

 住み慣れた家で、療養が継続できるよう、保健医療福祉関係者と協働して訪問看護を提供します。

訪問看護室の約束

  • 医療機関からの訪問看護室として病棟、外来、他職種と連携を図り、緊急時の対応体制が整っています
  • 利用者、家族の意思・価値観を尊重し人生に寄り添い愛情をもって看護します
  • 在宅療養生活を支え、いのちに寄り添う援助を通し看護のやりがいが感じられます
  • 人生の最終章に対峙し「End Of Life Care」を援助します
  • ワーク・ライフ・バランスが図れる職場です

スタッフ紹介

  • 室長:齊藤陽久副院長
  • 看護師:管理者1名 他4名
  • 事務:1名

当訪問看護室の特徴

  • 医療機関からの訪問看護
  • 救急における24時間の対応が可能
  • 専門医との連携とその対応が可能
  • 緊急時の検査やその結果に基づく敏速な対応が可能
  • 院内コメディカル・認定看護師との連携・対応
  • 緩和ケア病棟・リハビリテーション・併設の介護老人保健施設・介護老人福祉施設との連携を行いながらの看護の提供
  • 地域の保健師・ケアマネージャー・サービス事業者等との連携を行いながらの看護の提供

提供可能なサービスの内容

  • 病状の観察及び内服管理(必要に応じて薬剤師の訪問可)
  • 床ずれ等の予防と手当て
  • 保清、体の動かし方、寝具・寝衣の交換及び工夫
  • 食事の取り方、及び工夫(必要に応じて栄養士の訪問可)
  • チューブ類の管理
  • 緩和ケア
  • 人工呼吸器・在宅酸素等(在宅医療機器管理)
  • 介護者の健康相談と支援
  • 社会資源利用に関する相談

対象となる利用者

  • 当院を退院及び外来受診されているが、通院困難な方
  • 在宅療養を希望され療養にあたり、主治医が訪問看護を必要と判断した方
  • (旭市在住の方に限られますが、エリア外の方は他の訪問看護ステーションへの仲介も可能です)

開室時間

  • 月曜日〜金曜日(午前8時30分〜午後5時15分)
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間は救急対応

訪問回数・時間

介護保険
訪問回数の制限はありません居宅介護サービス計画に基づき必要に応じて訪問できます
医療保険
訪問回数は月に1回から週3回までを原則とします
(病名または症状によって訪問回数を増すことも可能です)

利用料金

保険が使えますが、利用者負担割合により異なります。(1〜3割)

介護保険
1割負担(30分未満:396円、30分〜1時間:569円、1時間〜1時間30分:836円)
状態に応じて、加算があります
サービス提供体制加算6円/1回
初回加算300円、特別管理加算500円または250円(月1回)
医療保険
例えば3割負担の場合
訪問看護料(看護師のみ)1,670円/1回
訪問診療料(医師が同行)2,500円/1回
処置、処方を行った場合は、それらの金額が加算されます

上記以外は各種保険規定による自己負担分

交通費について
介護保険利用者は不要です。医療保険の方は4Kmまで500円、1.5Km増す毎に200円加算

ご利用までの手続き

外来受診時もしくは入院中に主治医・看護師へ訪問看護についてご相談ください。
主治医が必要と判断した場合、訪問看護にご相談ください。
ケアマネージャーやワーカー等からの相談も受けております。

場所:2号館1階、地域医療連携センター内
TEL 0479−63−9994(直通)


その他

香取・海匝地域相談支援センターの指定も受けており、訪問介護事業所のヘルパーを対象とした喀痰吸引研修の講師や現場における実地研修も行なっております。
また退院支援常任看護師長と共に、退院後をイメージし、円滑に自宅での生活に移行していけるように病棟カンファレンスにも参加しております。
*「自宅で過ごしたいが不安」などという方がいらっしゃいましたら気軽に御相談ください。