1. ホーム
  2. 診療科および部署の紹介
  3. 診療科
  4. リハビリテーション科(当科の特色)

リハビリテーション科(当科の特色)

当科の特色

脳卒中後のリハビリテーション(リハビリテーション科部長)
  • 香取・海匝地域リハビリテーション広域支援センター
    当院は千葉県より地域リハビリテーション広域支援センターに指定され、様々な活動を展開しております。詳細は以下をご覧ください。


  • 病院業務:入院・外来リハビリ(PT・OT・ST)
  • 関連施設業務:シルバーケアセンター業務(PT;入所、通所 OT;入所)、東総園(OT;認知症リハビリ等)
  • 近隣病院への派遣
  • 訪問リハビリテーション:PT,OT,STによる対応で、必要に応じ高頻度での介入が可能です。
    短期での自主トレ指導や家族指導から、ALS等の神経筋疾患に対する長期の介入まで行っています。
    訪問看護や訪問介護などの他職種に対しては、各利用者様に適した介助方法の指導を実施しています。また、ケアマネージャーや福祉用具業者と同行し、家屋改修や福祉用具の導入検討に介入しています。

早期離床、早期ADL(日常生活動作)獲得、早期退院を目標とし、発症直後よりベッドサイドにて、早期離床のため座位練習(ギャッジアップから、端座位・車椅子座位へ)、基本動作練習、呼吸リハビリや病棟ベッドサイドでのADL練習などを積極的に実施し、リハビリ室でのアプローチ、さらに外来リハビリおよび地域リハビリへとつなげています。近隣地域への在宅復帰が多く、退院後は外来リハビリにて、家庭復帰後の生活動作の向上や復職、QOL(Quality Of Life/生活の質)獲得などを目標とした回復期や維持期リハビリを行っています。訪問リハビリ事業やシルバーケアセンター・東総園でのリハビリ業務など介護保険領域のリハビリにも努め、当院が行っている地域リハビリテーション広域支援センター事業を通し、介護や福祉とリハビリとの連携を図ります。

脳血管疾患のリハビリテーション


脳血管疾患に対し早期より積極的に起立や歩行練習を行っています。

心臓リハビリテーション


急性期心臓リハ 効果判定に関する研究活動も実施中


外来心臓リハビリテーション 心配運動負荷試験結果をもとに実施

小児のリハビリテーション


新生児期(NICU)からの小児理学療法や車椅子・椅子等の補装具外来

作業療法室:急性期から生活動作を中心に積極的に練習しています。