1. ホーム
  2. 診療科および部署の紹介
  3. 診療科
  4. 麻酔科ペインクリニック(当科の特色)

麻酔科ペインクリニック(当科の特色)

当科について

手術麻酔

 麻酔科ペインクリニックに所属する医師は、麻酔科医としておもに手術室で麻酔をおこなっています。
 麻酔科医とは、手術や医療処置中の麻酔を管理するだけでなく、手術や処置前後の患者様の全身状態を良好に維持・管理するために細心の注意を払って診療を行う専門医です。
 現在、当院では年間約8,000件の手術をおこなっており、そのうちの5割弱の麻酔を麻酔科所属の医師が担当しています。予定された手術の麻酔を受け持つことはもちろん、夜間や休日の緊急手術にも対応できるように、麻酔科医が院内に常時待機する体制をとっています。
 また、麻酔器やモニター機器類においては最新の設備を備え、質の高い麻酔を提供できるよう心掛けています。

神経ブロック

 手術や処置における麻酔の手段として、神経ブロックを用いることがあります。麻酔科医がおこなう代表的な神経ブロックに、硬膜外持続注入法というものがあります。これは全身麻酔に併用されることが多く、手術中の鎮痛だけでなく、術後の痛みをやわらげるためにも用いられます。
 ほかにも手術部位に応じて各種の神経ブロックをおこなっています。

 麻酔科ペインクリニック外来の特色は、痛みでお困りの患者様にいろいろな神経ブロックをつかった治療をおこなっていることです。神経ブロックは、痛みの原因となっている神経の働きを抑えることによって治療効果を発揮します。痛みをやわらげるだけでなく、血液の流れを改善する効果もあるため、自律神経の症状にも有効なことがあります。
 局所麻酔薬を用いる神経ブロック法のほかに、高周波熱凝固法、硬膜外脊髄電気刺激療法、骨髄減圧術などの治療もおこなっています。

高気圧酸素治療

 麻酔科ペインクリニック外来には高気圧酸素治療のための設備があり、各種疾患に対して治療を行っております。この治療の適応となる疾患には、ガス壊疽などの重症感染症、一酸化炭素中毒、減圧症、空気塞栓症、突発性難聴、網膜動静脈閉塞症、骨髄炎、難治性皮膚潰瘍、放射線性潰瘍などがあります。