1. ホーム
  2. 臨床研究支援センター

臨床研究支援センター

センター長ご挨拶

 臨床研究への積極的な取り組みは医療の向上に必要不可欠なものであり、地域住民の健康の保持・向上を図る上で重要な役割を果たします。 臨床研究支援センターでは、院内コーディネーター(CRC)の配置により臨床研究の推進を図るとともに、治験施設支援機関(SMO)による治験業務支援体制を統合した総合的な業務支援を展開しております。ひとが輝き海とみどりがつくる健康都市" 旭"から、臨床研究がもたらす新しい医療の情報発信を目指すとともに、当院が目指す「地域住民に信頼される病院作り」「やりがいと働きがいのある病院作り」にも大きく貢献したいと考えております。

臨床研究支援センター
センター長 渡辺 三郎

臨床研究とは

図

 「臨床研究」とは、医療における疾病の予防方法、診断方法および治療法の改善、疾病原因および病態の理解並びに患者の生活の質の向上を目的とされる医学研究であって、ヒトを対象とするものをいいます。観察研究や臨床試験・治験の総称です。臨床研究の中で何らかの介入の影響を明らかにしようとする前向きの研究を「臨床試験」といいます。
また、臨床試験のなかで、厚生労働省から医薬品や医療機器の製造販売の承認を得るために行われる試験を「治験」といいます。

臨床研究支援センターでは、臨床研究管理室に院内コーディネーター(CRC)を配置し臨床研究業務の支援を行うとともに、治験管理室所属のSMOによる治験業務支援を行っています。