2014年度

2014年度救命救急センター診療実績について

旭中央病院救命救急センター長 伊良部徳次

 2014年度(2014年4月1日―2015年3月31日)の救命救急センター診療実績がまとまりましたのでお知らせします。

受診数・入院数等

 昨年度の受診数は47,217人で、前年度より3.4%の減少です。入院数は6,554人で、前年度より6.7%の増加です。
 受診数に対する入院患者の比率は13.9%(前年度12.5%)で、上昇傾向が続いています。入院率上昇の要因としては、2012年8月より軽症患者に対する選定療養費(自費負担金)を導入した結果、軽症患者の救急受診が減ったことに加え、小児科の受診者数が減少し続けていることが挙げられます。
入院のうちいわゆる3次救急に相当する重症患者数は1,941人で、前年度より7.4%の増加です。

   
  09年度 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度
受診数 65,313
(+5.9%)
61,699
(-5.3%)
59,905
(-3.0%)
51,437
(-14.0%)
48,855
(-5.0%)
47,217
(-3.4%)
入院数 6,237
(+0.9%)
5,845
(-6.3%)
6,309
(+8.0%)
6,095
(-3.4%)
6,145
(+0.8%)
6,554
(+6.7%)
初診数 24,405
(+6.6%)
23,748
(-2.7%)
- - -
交通外傷 1,766
(+10.9%)
1,995
(+11.0%)
1,287
(-35.0%)
1,180
(-9.3%)
1,172
(-0.9%)
1,235
(+5.4%)

救急車の件数及びダイバージョン(お断り)件数

 救急車の件数は6,824件で前年度より13.9%の上昇です。数年前より医師数が不足し、救急車のお断りが増えていましたが、昨年度は病院を挙げて受け入れの向上に取り組み、お断り件数は452件と前年度より38.4%減少させることができました。

紹介数・救急車等

 
  09年度 10年度 11年度 12年度13年度 14年度
紹介患者 3,206
(+3.9%)
2,984
(-7.0%)
2,634
(-12.0)
2,511
(-4.7%)
2,501
(-0.4%)
2,554
(+2.1%)
救急車 6,331
(+4.0%)
6,721
(+6.2%)
6,420
(-4.5)
6,031
(-6.1%)
5,992
(-0.6%)
6,824
(+13.9%)

診療科別受診数と入院数

 全体的にはほぼ横ばいで経過していますが、小児科がここ数年間一貫して減少し続けています。具体的には昨年より12%の減少、2011年度と比べ、37%の減少です。
小児科受診数の原因は少子化のみならず、茨城県の病院に小児科診療体制が出来たことや、ワクチンの普及で疾病そのものが減少していることが挙げられています。

診断科 受診数 前 年 入院数 前 年
内科
17,533
17,265
3,504
3,284
小児科
10,162
11,553
710
715
新生児
50
38
49
38
精神科
569
572
83
93
皮膚科
1,824
1,990
16
22
外科
1,504
1,541
630
596
整形外科
4,430
4,621
373
281
脳外科
2,319
2,297
540
471
泌尿器科
1,548
1,481
154
165
心臓外科
23
23
9
6
眼科
903
941
6
5
耳鼻科
2,242
2,283
105
76
歯口科
965
1,055
8
12
産婦人科
1,039
1,125
197
209
透析科
237
255
117
133
麻酔科
3
3
0
0
放射線科
0
0
0
0
形成外科
1,866
1,809
55
39
リハビリ科
0
0
0
0
合計
47,218
48,855
6,556
6,145

患者の地域別比率

神栖市が13.4%減、山武市が12.6%減など遠方の軽症者が減少する傾向にあるのは昨年度と変わっていません。

  09年度 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度
旭市
33.9
34.0
33.8
35.1
35.8
36.5
香取
15.2
14.4
15.0
15.0
14.9
15.6
匝瑳
10.4
10.5
10.6
10.4
10.3
11.3
東金・山武
11.6
12.2
12.0
11.7
11.8
10.5
鹿嶋・神栖
12.1
11.8
11.6
11.3
10.3
9.2
銚子
11.9
12.2
12.4
12.1
12.5
12.4
その他
4.9
4.9
4.6
4.4
4.4
4.6

年齢構成

 小児の減少、80代以上の増加が続いています。高齢者の入院率が高いことも変わりません。

  受診数 比率(%) 入院数 比率(%) 年代別入院率(%)
〜10歳 11,200
23.7(26.3)
747
(12.4)
5.9(6.0)
10歳代
3,623
7.4(7.6)
149
(2.0)
3.4(3.5)
20歳代
3,822
7.8(8.2)
183
(3.0)
4.8(4.9)
30歳代
4,240
8.6(8.9)
269
(4.2)
6.0(6.0)
40歳代
3,524
7.2(7.1)
378
(5.1)
9.0(8.8)
50歳代
3,897
8.0(8.4)
565
(8.3)
13.1(13.1)
60歳代
5,798
11.9(11.1)
1,056
(17.1)
18.1(17.1)
70歳代
5,715
11.7(11.4)
1,374
(21.5)
23.1(22.2)
80歳代
4.552
9.3(8.3)
1,478
(21.8)
29.5(28.0)
90歳以上
827
1.7(1.7)
354
(4.6)
34.5(31.1)
年齢不明
1
0.0(0.0)
1
0.0(0.0)
.0
合計 47,212   6,554   100.0

救命救急センターの課題

 当院救命救急センターはこれまで地域の要請で、軽症から重症まで、患者を選ぶことなく全ての重症度の患者を受け入れてきました。
しかし近年、厚労省の進める病床機能分化の推進により、急性期病院はより高度な、より重症度の高い患者に特化した診療が求められております。当院の入院数、救急車受け入れ数の増加、軽症患者数の減少は地域の医療資源の有効活用という点においても、時代の流れに合わせるという点においても望ましい方向の変化です。
 しかし、当院に地域の患者が集約してしまう中で、少しずつ改善の兆しはあるものの、専門医不足は続いております。また季節によっては患者の集中で入院ベッドの確保が極めて困難な中、他に受け入れ先もなく、入院できない患者が救急外来に滞在するようなことも発生しています。
今後も当院以外の香取・海匝地域の医療資源については改善の見込みが乏しく、軽症患者の時間外診療を受け入れる役割についても、変わらず続いていきそうです。
 香取・海匝地域の周辺では、山武地域に救命救急センターが設立されたことと、神栖市の小児科診療体制が改善していることは明るいニュースです。
 当院救命救急センターが今後も地域のセーフティーネットの役割を果たせるよう、病院を挙げた努力を続けていきますので、これからもご協力よろしくお願いいたします。