2013年度

2013年度救命救急センター診療実績について

旭中央病院救命救急センター長 伊良部徳次

2013年度(2013年4月1日―2014年3月31日)の救命救急センター診療実績がまとまりましたのでお知らせします。

受診数・入院数等

昨年度の受診数は48,855人で前年度より5.0%減少しました。入院数は6,145人で、前年度より0.8%増加しました。
受診数に対する入院患者の比率(入院率)は12.5%(前年度11.8%)で前年度に引き続き上昇傾向です。入院率は2012年8月より軽症者に対する選定療養費を導入した結果、検査や処置を要しない軽症者が減り、入院率は上昇傾向です。医師負担軽減を目的に、山武地域や茨城県南部からの脳卒中受入れ制限等もあって前年度減少した入院数は回復しつつあります。
交通外傷は1,172人で昨年に引き続き減少傾向です。

   
  09年度 10年度 11年度 12年度 13年度
受診数 65,313
(+5.9%)
61,699
(-5.3%)
59,905
(-3.0%)
51,437
(-14.0%)
48,855
(-5.0%)
入院数 6,237
(+0.9%)
5,845
(-6.3%)
6,309
(+8.0%)
6,095
(-3.4%)
6,145
(+0.8%)
初診数 24,405
(+6.6%)
23,748
(-2.7%)
- -
交通外傷 1,766
(+10.9%)
1,995
(+11.0%)
1,287
(-35.0%)
1,180
(-9.3%)
1,172
(-0.9%)

紹介数・救急車等

前年度比で、紹介患者数は-0.4%、救急車は-0.6%でした。全受診患者のうち紹介患者の占める比率は5.1%に過ぎません。救急車搬送件数は2012年度に比較して-0.6%です。2010年度と比較して-11%です。2012年度以後の減少の一部は山武地区、茨城南部からの脳卒中受入れ制限等が影響しているものと推測されます。

 
  09年度 10年度 11年度 12年度13年度
紹介患者 3,206
(+3.9%)
2,984
(-7.0%)
2,634
(-12.0)
2,511
(-4.7%)
2,501
(-0.4%)
救急車 6,331
(+4.0%)
6,721
(+6.2%)
6,420
(-4.5)
6,031
(-6.1%)
5,992
(-0.6%)

診療科別受診数と入院数

2013年度入院数は内科、外科、整形外科、泌尿器科、耳鼻科、形成外科は増加、他は不変または減少です。
受診数のうち内科35.3%、小児科23.6%、その2診療科で58.8%(前年度60.1%)に達しています。
当院は小児救急拠点病院に指定されているために、小児救急患者数は高い水準で推移しており、13年度小児科入院数は715人(前年度808人)でした。
表に示すごとく、全ての救急患者をいつでも受け入れる当院救命救急センターは全ての診療科の協力なしには運営が成り立たないことは明白です(カッコ内は前年実績)。

診断科 受診数 入院数
内科 17,265(18,267) 3,284(3,197)
小児科 11,553(12,679) 715(808)
新生児 38(54) 38(54)
精神科 572(665) 93(103)
皮膚科 1,990(1,869) 22(21)
外科 1,541(1,472) 596(554)
整形外科 4,621(4,682) 281(274)
脳外科 2,297(2,320) 471(471)
泌尿器科 1,481(1,439) 165(147)
心臓外科 23(27) 6(5)
眼科 941(1,103) 5(11)
耳鼻科 2,283(2,315) 76(41)
歯口科 1,055(933) 12(15)
産婦人科 1,125(1,220) 209(225)
透析科 255(289) 133(138)
麻酔科 3(10) 0(0)
放射線科 0(0) 0(0)
形成外科 1,809(2,093) 39(31)
リハビリ科 0(0) 0(0)
合計 48,855(51,437) 6,145(6,095)

患者の地域別比率

地域別では、地元旭市は35.8%(前年度35.1%)でした。茨城県南部は10 .3%(前年度11.3)で比率が最も低下しています。銚子と旭が増加していますので受診の減少は遠方の軽症者ということになります。

  09年度 10年度 11年度 12年度 13年度
旭市 33.9 34.0 33.8 35.1 35.8
香取 15.2 14.4 15.0 15.0 14.9
匝瑳 10.4 10.5 10.6 10.4 10.3
東金・山武 11.6 12.2 12.0 11.7 11.8
鹿嶋・神栖 12.1 11.8 11.6 11.3 10.3
銚子 11.9 12.2 12.4 12.1 12.5
その他 4.9 4.9 4.6 4.4 4.4

年齢構成

年齢構成を見ると、受診数に占める比率は10歳未満が26.3%、次いで70歳代が11.7%を占めます。入院数に占める比率は10歳未満は05年度14.3%、06年度17.8%、07年度20.1、08年度18.0%、09年度16.9%、10年度12.4%、11年度14.2%、12年度13.7%、13年度12.4%でした。60歳代―80歳代で05年度51%、06年度52.5%、07年度52.5%、08年度53.4%、09年度54.7%、10年度56.6%、11年度56.9%、12年度57.1%、13年度60.4%でした。
入院患者は若年者の比率が徐々に低下して高齢者の比率が増加しています。受診した患者さんのうちで入院した割合(入院率)は年代とともに上昇し、70歳代で23.1%、80歳代で29.5%、90歳以上では34.5%の方が入院しています。
激しい高齢化の波が押し寄せているのが見て取れます。カッコ内は前年度実績です。

  受診数 比率(%) 入院数 比率(%) 年代別入院率(%)
〜10歳 12,857 26.3(27.2) 759 12.4(13.7) 5.9(6.0)
10歳代 3,623 7.4(7.6) 122 2.0(2.2) 3.4(3.5)
20歳代 3,822 7.8(8.2) 185 3.0(3.4) 4.8(4.9)
30歳代 4,240 8.6(8.9) 256 4.2(4.6) 6.0(6.0)
40歳代 3,524 7.2(7.1) 316 5.1(5.2) 9.0(8.8)
50歳代 3,897 8.0(8.4) 509 8.3(9.3) 13.1(13.1)
60歳代 5,798 11.9(11.1) 1,048 17.1(16.0) 18.1(17.1)
70歳代 5,715 11.7(11.4) 1,323 21.5(21.4) 23.1(22.2)
80歳代 4.552 9.3(8.3) 1,342 21.8(19.7) 29.5(28.0)
90歳以上 827 1.7(1.7) 285 4.6(4.4) 34.5(31.1)

救命救急センターの課題

当院救命救急センターの医師数はその守備範囲の広さからすると絶対数が不足していると言わざるを得ません。救急診療の他に地域メディカルコントロールセンターとして救急隊員の教育、コラボレーション、災害医療訓練等に多大の労力が割かれます。本来業務の高度急性期医療を担うチームとして院内各診療科との協力関係の強化は必須です。特に研修医の教育の場としての魅力あるERシステムつくりは病院を挙げて取り組むべき課題ですが、その中核を担うのは救急救命科です。全国から研修医を含めた若手医師に選ばれる活力あふれる病院になる条件として「旭に救急あり」の旗幟を更に鮮明にしたいと思います。救命救急センターは地域における救急医療の砦であることを確認してまとめにしたいと思います。地域の皆さんのご理解・ご協力に対し深く感謝申し上げます。有難うございました。