2009年度

2009年度救命救急センター診療実績について

2009年度(2009年4月1日―2010年3月31日)の救命救急センター診療実績がまとまりましたのでお知らせします。

受診数・入院数等

昨年度の受診数は65,513人で前年度より5.9%増加し過去最高の数でした。また入院数は6,237人で、前年度とほぼ同数でした。受診数に対する入院患者の比率(入院率)は9.5%で、初めて10%台を切りました。重傷者の増加率よりも軽症者の増加率が顕著であることを示しています。新型インフルエンザ流行の影響もあります。交通外傷は1,766人で一昨年度6.1%の減少から11%の増加に転じ過去5年間で最高でした。交通事故に対する社会的制裁の危機意識が薄れてきていることが懸念されます。

  06年度 07年度 08年度 09年度
受診数 61,590
+4.2%
62,549
+1.6%
61,671
-1.4%
65,313
+5.9%
入院数 6,134
+2.2%
6,312
+2.9%
6,179
-2.1%
6,237
+0.9%
初診患者 22,287
-2.0%
23,012
+3.3%
22,898
-0.5%
24,405
+6.6%
交通外傷 1,574
-10.0%
1,696
+7.7%
1,593
-6.1%
1,766
+10.9%

紹介数・救急車等

前年度比で、紹介患者数は+3.9%, 救急車は+4.0%でした。全受診患者のうち紹介患者の占める比率は4.9%、新患比でも13.1%に過ぎません。当地域の救急患者は「救急は旭」と直接受診していることが伺われます。救急車搬送件数は前年比+4.0%で,過去最高数です。当院のベッド利用率が上昇してベッドがほぼ常に満床の中で千葉県救急コーディネートベッドを4床確保して行き場のない救急車受入れに努力している反映と考えられます。

  06年度 07年度 08年度 09年度
紹介患者 3,039
-1%
3,144
+3.5%
3,086
-1.8%
3,026
-3.9%
救急車 5,720
-6.0%
5,798
+1.4%
6,085
+5.0%
6,331
-4.0%

診療科別受診数と入院数

内科34.0%(昨年33%)、小児科29.5%(昨年28%)で二診療科で63.5%に達してこの比率は前年より2.5%増加しています。当院は小児救急拠点病院であり24時間小児科専門医が小児の診察に当っているために、小児救急患者数は高い水準で推移し前年比+9.9%%でした。09年度小児科入院数は前年度比-5.4%の1,028人(58人減)でした。表に示すごとく、全ての救急患者をいつでも受け入れる当院救命救急センターは全ての診療科の協力なしには運営が成り立たないことは明白です(カッコ内は前年実績)。

診断科 受診数 入院数
2008年度 2009年度 2008年度 2009年度
内科 20,263 22,197 3,024 3,186
小児科 17,545 19,282 1,086 1,028
新生児 44 44 44 48
精神科 962 942 65 66
皮膚科 2,063 2,075 16 12
外科 1,542 1,656 473 499
整形外科 5,479 5,614 287 289
脳外科 3,092 2,893 558 503
泌尿器科 1,621 1,584 103 101
心臓外科 53 56 8 8
眼科 1,456 1,243 19 15
耳鼻科 2,923 3,094 101 88
歯口科 726 731 10 17
産婦人科 1,344 1,275 215 166
透析科 385 408 144 179
麻酔科 19 12 0 0
放射線科 4 0 0 0
形成外科 2,150 2,207 26 36
リハビリ科 0 0 0 0
合計 61,671 65,317 6,179 6,239

患者の地域別比率

地域別では、地元旭市は33.9%でした。茨城県南部は昨年同様の12.1%でした。周辺医療機関で医師が減少していますので、周辺自治体の居住者の比率が高くっています。銚子市の実患者数は7,766人で前年比+6.6%です。銚子市立総合病院が休止した後は+9.0%の増加率でしたので依然として高い増加率で推移しています。

地域 比率
2006年度 2007年度 2008年度 2009年度
旭市 34% 34% 33.9% 33.9%
香取 16% 16% 15.0% 15.2%
匝瑳 11% 11% 10.5% 10.2%
東金・山武 11% 11% 11.5% 11.6%
鹿嶋・神栖 12% 12% 12.1% 12.1%
銚子市 11% 11% 11.8% 11.9%
その他 5% 5% 5.2% 4.9%

年齢構成

年齢構成を見ると、受診数に占める比率は10歳未満が31.1%、次いで70歳代が10.3%を占めます。入院数に占める比率は10歳未満は05 年度14.3%、06年度17.8%、07年度20.1, 08年度18.0%,09年度16.9%でした。60歳代―80歳代で05年度51%06年度52.5%、07年度52.5%、08年度53.4%、09年度54.7%でした。入院患者は若年者の比率は徐々に低下して高齢者の比率が増加しています。
受診した患者さんのうちで入院した割合(入院率)は年代とともに上昇し、70歳代で20.3%、80歳代で24.4%、90歳以上では30.1%の方が入院しています。激しい高齢化の波が押し寄せているのが見て取れます。カッコ内は前年度実績です。

  受診数 比率(%) 入院数 比率(%) 年代別入院率(%)
〜10歳 20,313 31.1(31.8) 1,054 16.9(18.0) 5.2(5.6)
10歳 5,931 9.1(7.4) 161 2.6(2.5) 2.7(3.4)
20歳 5,712 8.7(8.8) 175 2.8(3.4) 3.1(3.9)
30歳 5,745 8.7(9.0) 272 4.3(5.0) 4.7(5.5)
40歳 4,097 6.2(6.1) 343 5.4(5.0) 8.4(8.3)
50歳 5,304 8.1(8.7) 592 9.4(9.8) 11.2(11.2)
60歳 6,338 9.7(9.6) 973 15.4(15.2) 15.4(15.8)
70歳 6,703 10.3(10.4) 1,361 21.5(20.5) 20.3(19.7)
80歳 4,418 6.8(6.9) 1,077 17.0(17.7) 24.4(25.0)
90歳以上 756 1.2(1.2) 229 3.5(3.4) 30.1(29.7)

香取・海匝地域救急医療コーディネート事業

千葉県は2009年7月から当地域の救急医療コーディネート事業をスタートさせました。この地域で救急受入れ困難事例が多発していることを改善することが目的です。香取・海匝医療圏の参加協力病院の空床状況と当直医の診療科、受入れ可能な診療科目を毎日旭中央病院に集約して、その情報を各病院と消防本部に情報提供して救急受入れ困難事例は旭中央病院が必ず受入れることとしました。その目的を達成するために当院は救急コーディネートベッドとして救命救急センター内に4床のベッドを午後5:00には確保することとしました。コーディネートベッドに夜間入院した患者は翌日には院内外に転出することでベッドを回転させています。千葉県のコーディネート事業は午後7:00−午前7:00の救急車搬送のみですが、当院はコーディネートベッドを救急車に限定せず、午後5:00−午前8:30の運用としています。コーディネートベッドへの収容状況は表に示すとおりです。すなわち千葉県事業の対象患者は月に20人以上が収容されていますが、一方で救急車に限定しない収容患者も含めると月に60人以上が収容されています。救急隊からは毎日旭中央病院から送信される情報で各病院の状況が分かり、搬送依頼が円滑に行えるとの意見も寄せられています。

千葉県救急コーディネート事業(19:00−17:00 救急車搬送)

消防名 山武 香取 銚子 匝瑳 鹿嶋 成田 稲敷 合計
6月 2 2 3 1 4 1 0 0 13
7月 5 0 0 0 2 0 0 0 7
8月 4 3 7 0 3 0 0 0 17
9月 6 1 1 4 1 2 0 0 15
10月 5 3 5 2 6 0 0 0 21
11月 3 4 3 3 0 0 1 0 14
12月 4 4 5 1 3 0 0 0 17
1月 5 2 4 3 3 1 1 0 19
2月 9 2 2 0 5 6 0 1 25
3月 4 3 8 5 4 2 0 0 26
合計 47 24 38 19 31 12 2 1 174

コーディネートベッド収容患者数(17:00−8:30、救急車および自宅車等)

消防名 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
件数 31 21 29 31 45 24 32 61 65 66 404

センター外来からの転出搬送

周辺病院の体力低下は加速しています。救急医療は平常診療の延長線上にあり、救急医療のみが特別に存在する訳ではありません。従って当地域の休日、夜間の救急医療体制はきわめて厳しい状況が今後も続きます。当院が満床の場合、平日の日勤帯には近隣病院に転院搬送せざるを得ません。夜間や休日はコーディネートベッドや入院予約ベッドに一旦収容してから平日の日勤帯に近隣病院へ転送しています。直接転院搬送、収容後転院搬送は合わせて月に20件前後に上ります。

地域医療再生プログラム

本年度から国・県による地域医療再生プログラムが香取・海匝地域医療圏でスタートします。当院を核とした地域医療再生支援事業が千葉大学等と協力しながら進められます。4年後にはこの地域の中核病院が元気を取り戻すはずです。再生の第一条件は医師の確保です。近隣病院の医師確保に力を入れながらネットワークを構築して力強い救急医療体制を是非とも築き上げたいものです。

当院救命救急センターの課題

自治体病院は地域の中核病院として機能してきました。しかしながらその中核を担ってきた300床規模の病院が次々と危機にさらされています。「300床クライシス」です。その「300床クライシス」は今や救命救急センターを併設する500床規模の病院に拡大して「500床クライシス」の様相を呈してきました。成田赤十字病院、松戸市立病院の状況が如実にそれを示しています。

当院のベッド利用率は94−98%の高い水準で推移し、平均在院日数は12日です。千葉県北東部から茨城県南部にかけて診療科の縮小・閉鎖、病床閉鎖が相次いでいます。一般医療の確保すら危うくなってきました。手術室の稼動もほぼ限界に達しています。緊急手術を受け入れる余裕すら無くなっています。救急隊からの悲鳴にも似た収容要請に応えることが出来ない事態が度々起こっていましたが、昨年度は救急コーディネートベッドの運用でかなり改善されました。しかしながらまだ抜本的な改善策を私たちは手にしていません。旭中央病院救命救急センターを利用される皆様にはこのような事情を理解頂き、ご協力、ご支援をお願いする次第です。