1. ホーム
  2. ご来院のみなさまへ
  3. 外来
  4. 形成外科(診療内容)

形成外科(診療内容)

診療内容

形成外科は形態治療・機能再建を行う科であり、体表もしくはそれより深いところにある変形や組織欠損および、それに伴う機能障がいが診療の対象となります。

具体的には次のようなものがあげられます。

① 顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷、手・足、その他の外傷、熱傷

外傷後の創傷(きず)がスムーズに治癒するように管理します。また、創傷にともなって生じた変形や機能障がいの治療を行います。

例)新鮮顔面骨骨折または顔面骨折治癒後の変形の治療、切断指の治療、手指の骨折の外科治療、熱傷の治療など。

② 組織欠損後の再建

外傷や手術で生じた欠損組織の再建(つくりなおすこと)を行います。

例)乳癌手術後の乳房再建手術。

③ リンパ浮腫

子宮体がん、子宮頸がん、乳がんをはじめとする外科手術の術後に、下肢・上肢のむくみを生じることがあります。またその他に、幼少期より原因もなく下肢のむくみを生じることがあります。これらはリンパ浮腫と呼ばれます。これまでは圧迫療法をはじめとする保存療法のみが有効とされてきましたが、近年リンパ管細静脈吻合やリンパ節移植などの外科治療の有効性が証明され、保存療法と組み合わせることで、さらなる改善が見込めるようになりました。当科では、顕微鏡を用いたマイクロサージャリーでリンパ管細静脈吻合やリンパ節移植を行っています。外科手術の術後のむくみなどでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

④ 母斑、血管腫、良性腫瘍

体表の母斑(あざ)や腫瘍について診断、治療をおこないます。外科的治療、保存的治療、レーザー治療などがあります。

⑤ 瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド

外傷や手術の後に残った瘢痕(きずあと)が目立ったり、拘縮(ひきつれ)したりした場合に治療を行います。外科的治療と保存的治療があります。

⑥ 褥瘡、難治性潰瘍

治癒しにくい(治りにくい)創傷(きず)がスムーズに治癒するように管理します。外科的治療と保存的治療があります。

例)褥瘡の外科治療。

⑦ 唇裂・口蓋裂、手・足の先天異常、その他の先天異常

先天性の変形や欠損に対して治療を行います。

例)唇顎口蓋裂、合指(趾)症、多指(趾)症、耳、臍の変形などの外科治療。ポーランド症候群に対する乳房再建。

⑧ 美容外科

ほくろ・しみのレーザー治療に限定して行っています。
以下のような一般美容外科手術は行っていません

例)重瞼術(二重まぶたを作る手術)、フェイスリフト、豊胸、美容外科術後のインプラントの除などは行っていません。(※)

※ 老化・加齢による眼瞼下症に対する、上眼瞼の手術は行っています。

⑨ その他

先天性(生まれつきのもの)や後天性(成人以降に徐々におこったもの)の眼瞼下垂症(まぶたが重くなってあがらなくなった状態)の治療、睫毛内反症の治療、顔面神経麻痺後の変形の治療を行っています。

診療内容

入院手術と外来手術による外科的治療を行っております。手術の施行に全身麻酔や腰椎麻酔(下半身麻酔)、腕神経叢ブロック(腕一本の麻酔)が必要な疾患、長時間の手術が必要な疾患、術後の安静が必要な疾患は入院手術となります。入院手術は月曜日と水曜日に行っており、3週間から4週間待ちの状況です。

外来手術は火曜日と木曜日の午後に行っております。一日に10人前後の手術を行いますが、6週間から8週間待ちの状況です。

金曜日の午後にQスイッチルビーレーザーや炭酸ガスレーザーを用いたレーザー治療を行っております。レーザー治療は予約制でおこなっておりますので、前もって形成外科外来を受診し予約をおとりください。

どのような治療が適しているかについては、外来を受診してご相談ください。