1. ホーム
  2. ご来院のみなさまへ
  3. 外来
  4. 皮膚科(診療内容)

皮膚科 (診療内容)

診療内容

皮膚病で頻度の高いものは湿疹や白癬(いわゆる”たむし”や”みずむし”)ですが、その他にも多種多様な皮膚疾患が見られます。皮膚疾患は命に係わる病気は少ないものの、重症薬疹や水疱症など合併症が命に関わる疾患や皮膚悪性腫瘍の患者さんもいらっしゃいます。当科ではそのような患者さんも積極的に引き受け診療にあたっております。

午後は簡単な局所麻酔での手術や皮膚生検のほか、パッチテストを予約制で行っております(パッチテストは春夏を除いた10月から翌年4月まで)。顔面に発生する皮膚腫瘍の切除後の再建や、壊死性筋膜炎、難治性皮膚潰瘍などについては当院形成外科に紹介しています。

皮膚悪性腫瘍には日光角化症/ボーエン病/乳房外パジェット病/基底細胞上皮腫/有棘細胞癌/悪性黒色腫/隆起性皮膚線維肉腫などが含まれます。一口に悪性腫瘍といっても、腫瘍を摘出するのみで十分というものから、かなり大きく切除しなければ再発しやすいものもあり、場合によっては重要臓器に転移を生じて不幸な転帰をとるものもあります。

皮膚悪性腫瘍に対する治療は手術的治療が第一選択です。転移を生じた皮膚悪性腫瘍については放射線療法や化学療法(抗がん剤による治療)を組み合わせた集学的治療を行っています。

退院後、外来で定期的に局所再発/転移の有無の精査や創部の状態が患者さんにとって満足のいくものであるかどうかの確認とその修正、ケロイド予防のための患者さんへの指導などを行っております。

局所再発や転移などがあれば、患者さん本人やその家族にも真実をきちんとお伝えし、他施設(国立がん研究センター中央病院や千葉大学医学部附属病院など)にご紹介することも可能です。