1. ホーム
  2. 地域医療連携について
  3. 地域医療連携クリニカルパスに関すること

地域医療連携クリニカルパスに関すること

地域連携医療クリニカルパスとは?

「地域医療連携クリニカルパス」とは、病気別に標準的な診療計画に従って、患者さんに切れ目ない最善の連携医療の提供をするシステムです。地域のかかりつけ医と病院の専門医が、患者さんの治療を協力して行うための、治療経過を共有する「治療計画表」となります。これにより、患者さんが治療の経過や入院生活のイメージができ、安心して治療を受けることができます。
がん対策基本法に基づくがん対策推進計画およびがん診療連携拠点病院の指定要件の見直しに伴い、5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)の地域医療連携クリニカルパスの整備が求められています。がん診療における医療機関の役割分担を進め、がん医療の質の保証と安全の確保を図るためにクリニカルパスが活用されています。

地域医療連携クリニカルパスのメリット

  • 地域のかかりつけ医と病院の専門医がひとつの方針のもとで治療を行い、患者さんの情報を共有するので、スムーズな病診連携により継ぎ目のない診療を行うことができます
  • 患者さん自身が治療計画や病気を理解し、治療経過を実感できるようになります
  • 診察の待ち時間短縮や通院時間の短縮など患者様の負担の軽減になります
  • 重複した検査・投薬を避けることができます

現在運用しているパス

  • 千葉県共用がん地域医療連携パス<肺がん>
  • 千葉県共用がん地域医療連携パス<胃がん>
  • 千葉県共用がん地域医療連携パス<肝がん>
  • 千葉県共用がん地域医療連携パス<大腸がん>
  • 千葉県共用がん地域医療連携パス<乳がん>
  • 千葉県共用脳卒中地域医療連携パス