1. ホーム
  2. がん診療について

地域がん診療連携拠点病院として

地域がん診療連携拠点病院の役割

図


当院は、平成20年より地域がん診療連携拠点病院に指定されています。

 がん対策は、平成19年4月に施行されたがん対策基本法の基本理念にのっとり推進されています。そのなかで、厚生労働省は、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん診療連携拠点病院の整備をすすめてきました。

 地域がん診療連携拠点病院とは、我が国に多いがん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、および乳がん)およびその他各医療機関が専門とするがんについて、手術、放射線治療、および化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療および緩和ケアを提供する体制を有するとともに、各学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療等がん患者の状態に応じた適切な治療を提供しているとして指定されている病院です。

リーフレット「がん診療あさひ」

がん診療あさひ 創刊号

 がんと診断されたり、治療を受けるときに、当院の情報をまとめたリーフレットです。

 創刊号は、下記の内容になります。ご覧になりたい方は、こちら

  • 緩和ケアチーム外来
  • 緩和ケアチームについて
  • 緩和ケアセンターについて
  • がん相談支援センター
  • 最近、がんが増えたと思われていますが、そうではありません
  • 当院の治療や医療のご紹介

当院の取り組み

 当院の地域がん診療連携拠点病院としての取り組みなどを病院長がご紹介します。

動画は こちらから